人気EA「Flashes for USDJPY」がトレプロで無料で使える!

Pocket
LINEで送る


「Flashes for USDJPY」の評価、検証を行いました。

実は既に5月2日からTITANFX ブレード口座にて稼動中です。

本当はスプレッドの有利な国内MT4で使いたいEAではありますが、なんてったってトレプロなら無料で使えるので(笑)

海外MT4口座でもそこそこ使えそうなので、レビュー記事をアップしました。

人気EAの「Flashes for USDJPY」がトレプロで無料で使える!

 

 

 

Flashes for USDJPYの特徴、強いトレンド相場を得意としない?

トレードスタイル:スキャルピング
通貨ペア:USDJPY 
使用時間足:1分足
最大ポジション数:1本 
両建て:なし
口座限定:あり
MM機能:あり
トレード頻度:ほぼ毎日
最大テイクプロフィット:100Pips(全てロジック決済)
最大ストップロス:100Pips(全てロジック決済)
価格:\25,000(税込)「Flashes for USDJPY」公式ページFlashes for USDJPY | fx-on.com

無料で使うならコチラ TRADERS-pro

 

短い1分足を使用したスキャルピングEAで、MT4標準のインジケーターのみを使用したシンプルなロジックとのことです。

スキャルピングと言えば、強いトレンド発生時の押し目買い、戻り売りを得意とするEAが多いと思いますが、「Flashes for USDJPY」はレンジ相場及び緩やかなトレンド相場を得意としてます。

この相場全体で占める8~9割のレンジ相場及び緩やかなトレンド相場で、押し目買い、戻り売りを取って行き、残りの1~2割の時間帯の強いトレンド発生時は、損切を行いながら損失を最小限に押さえて、次の得意相場に繋げて行きます。

大半のEAは強いトレンドが発生すると元気になり取引量が増大しますが、レンジ相場及びトレンドが弱まると沈黙してつまらない時間帯になるかと思います。

そんなつまらない時間帯に活躍してくれるなんて頼もしく、ロジックも被さりにくくポートフォリオ効果も期待出来そうですね!

 

 

「Flashes for USDJPY」バックテストは派手ではないが、綺麗な右肩上がり!

スプレッド1.0Pipsの場合(TITANFX ブレード口座にて稼働想定)

スプレッド1.0Pips(TITANFX ブレード口座にて稼働想定)

 

バックテスト詳細はコチラ

バックテスト期間:10年6ヶ月
バックテスト時スプレッド:1.0Pips
プロフィットファクター:1.29
損益合計:2803.65ドル(1万通貨取引)
最大ドローダウン:345.67ドル(1万通貨取引)
総取引回数:3066回
平均利益:6.19ドル(1万通貨取引)
平均損失:-9.60ドル(1万通貨取引)
最大利益:74.41ドル(1万通貨取引)
最大損失:-104.43ドル(1万通貨取引)
勝率:66.57%

 

 

スプレッド0.6Pipsの場合(国内MT4にて稼働想定)

スプレッド0.6Pipsの場合(国内MT4にて稼働想定)

バックテスト期間:10年6ヶ月
バックテスト時スプレッド:0.6Pips
プロフィットファクター:1.43
損益合計:4091.54ドル(1万通貨取引)
最大ドローダウン:304.75ドル(1万通貨取引)
総取引回数:3066回
平均利益:6.42ドル(1万通貨取引)
平均損失:-9.79ドル(1万通貨取引)
最大利益:74.88ドル(1万通貨取引)
最大損失:-104.43ドル(1万通貨取引)
勝率:68.62%

 

TITANFXブレード口座での稼働を前提としたスプレッド1.0Pipsと、参考に国内MT4稼働を前提としたスプレッド0.6Pipsでバックテストを行いました。

プロフィットファクターは1.29と1.43と共にビックリするような数値ではありません。

損益合計もさほど高くなく、リスクリターン率(累積損益÷最大ドローダウン)もそれぞれ8.1倍、13.4倍とスプレッド0.6Pipsの方はまだいいですが、1.0Pipsの方はちとちと・・・

10年のリスク・リターン率で10倍を切ってしまうのは、どうにもこうにも・・・

最近凄いEAばっかり見てきたのでいずれにしよ、ぱっとしません・・・

とは言え、一番大事なのはバックテストではなく、リアルフォワードでプロフィットファクター1以上を安定してキープする事!

そうリアルフォワードで少しでも1以上であれば良いのです。

バックテストは良くても、これが出来ないEAが多いのも事実

その点「Flashes for USDJPY」はリアルフォワードで1年以上右肩上がりの実績があり、ここ3ヶ月弱のTITANFXブレード口座での動きも今の所問題無しと判断しました。

それとポートフォリオの観点からも、ドル円EAで5分足、15分足を使用したEAは既にかなり稼働中で、「Flashes for USDJPY」は1分足という所も○

また、多くのEAが強いトレンド時に強いEAが多く、それとは反対にレンジ相場及び緩やかなトレンド相場で活躍する点も〇かな!

TITANFXブレード口座であと3~6ヶ月使って見て、そのまま使うか、国内MT4に変えるか、使うのをやめるか判断したいと考えてます。

 

無料で使うならコチラ TRADERS-pro

TRADERS-pro(トレプロ)とは?

EAを購入し国内MT4で使うなら 「Flashes for USDJPY」公式ページFlashes for USDJPY | fx-on.com

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る


最新情報