Nekoboo_Core2_Spec.Lのパラメータ設定で評価、検証して見ました!

Pocket


本家nekoboo FX Core2が不調期から回復し再び最高益を更新してきましたが、後発のNekoboo_Core2_Spec.Lの方が調子良さそうで、よくよく見るとEAパラメータ設定だけで基本ロジックには変更がなく、ほぼ同様の取引が出来るとの事

よってnekoboo FX Core2パラメータ変更にて評価、検証して見ました。

Nekoboo_Core2_Spec.L

 

 

Nekoboo_Core2_Spec.L の特徴

トレードスタイル:デイトレード・スキャルピング
通貨ペア:USDJPY
使用時間足:5分足
最大ポジション数:2
口座限定:あり(後からの変更は何度でも可能)
MM機能:有り
トレード頻度:週5回程度
価格:¥22,500(税込) 今なら特別限定価格¥14,800(税込)

2つのロジックを搭載し、ロジック1が日本時間で2~8時半までにエントリーし、ほぼ日中にはクローズ行うようです。エントリーはトレンド方向への押し目買い、戻り売りです。

ロジック2はいわゆる朝スキャルで窓埋めも行い、10時に強制クローズされます。

取引時間及びTP、SLはいずれもパラメータで変更する事が出来、自身でオプチしてその時々の相場に合ったセッティングにする事が可能です。

 

 

EAパラメータ

 nekoboo FX Core2EAパラメータ

 

上記はnekoboo FX Core2パラメータです。nekoboo FX Core2の最新バージョンをダウンロードするとNekoboo_Core2_Spec.Lのパラメータと設定項目は同じで、「値」の列がNekoboo_Core2_Spec.Lに変更した設定値で、「スタート」がnekoboo FX Core2の元々の設定値です。

スプレッドは流石に0.5Pipsは朝では厳しすぎる為、余裕を持って1.2Pipsとしてます。

よって基本的にnekoboo FX Core2を持っている方は買い直す必要はないとの事です。

 

 

nekoboo FX Core2、Nekoboo_Core2_Spec.Lバックテスト比較 

nekoboo FX Core2、Nekoboo_Core2_Spec.L仕様パラメータ共に2005年から11年間のバックテストを行いました。

nekoboo FX Core2バックテスト

 nekoboo FX Core2バックテスト

バックテスト期間:11年
バックテスト時スプレッド:1.2Pips
プロフィットファクター:1.97
損益合計:9455.19ドル(1万通貨取引)
最大ドローダウン:230.12ドル(1万通貨取引)
総取引回数:2862回
平均利益:9.01ドル(1万通貨取引)
平均損失:–14.56ドル(1万通貨取引)
最大利益:81.12ドル(1万通貨取引)
最大損失:-94.46ドル(1万通貨取引)
勝率:75.79% 

 

Nekoboo_Core2_Spec.L仕様バックテスト 

Nekoboo_Core2_Spec.Lバックテスト

バックテスト期間:11年
バックテスト時スプレッド:1.2Pips
プロフィットファクター:2.05
損益合計:8039.03ドル(1万通貨取引)
最大ドローダウン:203.24ドル(1万通貨取引)
総取引回数:3038回
平均利益:6.16ドル(1万通貨取引)
平均損失:–15.69ドル(1万通貨取引)
最大利益:9.38ドル(1万通貨取引)
最大損失:-94.46ドル(1万通貨取引)
勝率:83.23%  

 

スペック的にはあまり変わりませんね。

Nekoboo_Core2_Spec.Lはnekoboo FX Core2に対し平均利益を下げ、更に勝率を上げ、最大ドローダウンを下げてます。

しかしながら損益合計を大きく下げており、甲乙つけがたいです。

それでも共に11年間でプロフィットファクター2前後とかなり優秀なのは間違ありません。

めたろうは一旦Nekoboo_Core2_Spec.L仕様で使う事にしました。

調子を崩さず稼動ロットを上げる際、パラメータで別けて2仕様で稼動するのも多少のリスク分散が出来て良いかもね。 

 

 

 Nekoboo_Core2_Spec.Lフォワードテスト状況

Nekoboo_Core2_Spec.L | fx-on.com

フォワードテストも絶好調です。  今の所・・・

 

EAの詳細はコチラ ドローダウンを抑えたライトスペック
Nekoboo_Core2_Spec.L

 

 

最新情報