長期実績が有り無料で使えるEA 「RSI_scalping_system001_usdjpy」レビュー

Pocket


このRSI_scalping_system001_usdjpyですが、2014年に半年程使用してました。

結果は一進一退でトータル-0.69ドルの微負けでつまらないので稼動停止しました。

しかしながらその後はGEMFOREX口座でのフォワードにて順調に推移!

前回使用口座はFXDDでドル円スプレッド2.5Pips広く、対するGEMFOREXは1.3Pipsと狭い

GEMFOREXで一丁使って見るか!

EA「RSI_scalping_system001_usdjpy」

 

 

「RSI_scalping_system001_usdjpy」の特徴

トレードスタイル:スキャルピング
通貨ペア:USDJPY
使用時間足:5分足
最大ポジション数:5(変更可能)
テイクプロフィット:15Pips
最大ストップロス:44Pips
口座限定:ゲムトレード登録口座
MM機能:無し
トレード頻度:週に1~3回
価格:ゲムトレードにて無料で使用可能

 

比較的ストップロスの浅い、トレンド型24時間スキャルピングです。

とは言え最大ポジション5本の為、負ける時は大きくコツコツドッカンタイプで、ドッカンと来ても必ず放置出来る取引ロットでの稼動が鉄則です。

EA紹介ページでは「4年半で資金を10倍まで増やしせる兵(つわもの)です。」となってますが、それは言い過ぎとしても、2015年末からフォワードテスト口座をGEMFOREXに変更されてからは、順調な損益曲線を描き良好な取引内容となってます。

 

RSI_scalping_system001_usdjpyポジション取り

RSI_scalping_system001_usdjpyポジション取り

 

定番と言えば定番のトレンド方向の押し目買い、戻り売りでのエントリーだが、スキャルピングでも一定期間しか通用しないロジックが大半で、長期に渡り通用するロジックは僅かだが、ここ3年のフォワード結果を見る限り後者と考えても良いのでは?

 

 

 

RSI_scalping_system001_usdjpyバックテスト結果

過去10年間のバックテスト

RSI_scalping_system001_usdjpyバックテスト過去10年間

 

バックテスト期間:10年3ヶ月
バックテスト時スプレッド:1.8Pips
プロフィットファクター:1.61
損益合計:6643.55ドル(1万通貨取引)
最大ドローダウン:633.47ドル(1万通貨取引)
総取引回数:1956回
平均利益:12.03ドル(1万通貨取引)
平均損失:-22.14ドル(1万通貨取引)
最大利益:19.23ドル(1万通貨取引)
最大損失:-66.28ドル(1万通貨取引)
勝率:74.74% 

 

バックテストのスプレッドはGEMFOREXドル円スプレッドは1.3Pips固定で、これにプラス0.5Pipsし1.8Pipsで行いました。

これはリアルトレードでの滑りや、約定の遅れから条件を悪くして実取引に近い結果になるようにです。

平均利益が12.03ドルで10ドル以上あり、カリカリのスキャルピングではない事が伺えます。

故に勝率も74.74%でもしっかりプロフィットファクターは1.61と優秀です。

しかしながら損益合計6643ドルに対し、最大ドローダウンが633ドルから見て、最大ドローダウンに陥ると回復に約1年かかる事が想定されます。

まあどんなEAでも必ず不調期はあり、そこを継続運用出来ないとその先はないとの事ですね。

 

 

EA提供開始後3年間のバックテスト

RSI_scalping_system001_usdjpyバックテスト結果過去3年間

 

バックテスト期間:3年
バックテスト時スプレッド:1.8Pips
プロフィットファクター:1.54
損益合計:1604.67ドル(1万通貨取引)
最大ドローダウン:633.57ドル(1万通貨取引)
総取引回数:562回
平均利益:10.73ドル(1万通貨取引)
平均損失:-21.80ドル(1万通貨取引)
最大利益:14.88ドル(1万通貨取引)
最大損失:-51.11ドル(1万通貨取引)
勝率:75.80% 

 

こちらはEA提供開始後のカーブフィッティングでごまかしが出来ない期間のバックテスト結果です。

現在のEA紹介ページでのEA提供開始は2015年7月15日からとなってますが、2014年からあったのとフォワードテストが2014年2月27日からになってますので2014年3月からバックテストを行いました。

このカーブフィッティングが出来ない期間のフォワード結果が重要で、プロフィットファクターが2前後のEAもフォワードでは1前後となるEAが多く、フォワード2年以上で1.3以上なら十分優秀と見て良いでしょう。

EA紹介ページでのフォワード結果も、上記バックテストをほぼ変わらないプロフィットファクター1.55(2017年3月26日時点)とかなり良好です。

先程「まあどんなEAでも必ず不調期はあり、そこを継続運用出来ないとその先はないとの事ですね。」こんな偉そうな事を言っておきながら、上記バックテスト結果を見ると2014年当たりはヨコヨコで、めたろうはEAの稼動をやめてしまった!

その後に好調期に突入!

ここがシステムトレードの難しいところですね。

やはり数多くのEAでポートフォリオを構築し、1EAの好不調も気にもぜず放置が一番と考えます。

よし再稼働開始!

 

「RSI_scalping_system001_usdjpy」はゲムトレード会員登録にて無料で使用出来ます。

既にGEMFOREXの口座をお持ちの方は、その口座をゲムトレードに登録するだけで、無料で様々なEAを無制限に使えます。

口座をお持ちでない方はコチラ⇒GEMFOREX

ゲムトレードユーザー登録はコチラ⇒ゲムトレード

 

 

最新情報