サーバーを移転したら「バックテスト詳細」が文字化けしてしまった!見る時はこうして下さい。

Pocket
LINEで送る


これまで使用してきたサーバーが重く、業界最高の速さと噂のWPXへブログを移転しました。

あまりこの手は詳しくなく、ハラハラ、ドキドキ、清水の舞台から飛び降りる思いでブログを移転しましたが、待ってました!

全ての「バックテスト詳細」のページが文字化け!

トホホ!

サーバーを移転したら「バックテスト詳細」が文字化け

 

 

これまでレンタルサーバーはロリポップ を使ってましたが、だんだん遅くなってきて色々速度対策をしてきましたが、劇的な効果が出ませんでした。

見に来ていただく方も重いだろうし、記事を書くのも重い!

モジュール版PHPに期待しライトプランからスタンダートプランに変更するも効果無し・・・

よって覚悟を決めてサーバーを移転しました。

ワードプレス最速との噂のwpXレンタルサーバー に!

元々ブログの遅い原因はワードプレステンプレートに有り、他の早いテンプレートにすると爆速にはなったのですが、表示が・・・

今更全ての記事修正は勘弁てとこで、WPXにしたのですが

移転までは何とか上手く言って表示も大丈夫

表示速度はかなり早くなり大満足でした。

しかし今更気づきました。

バックテスト詳細が全ページ文字化け

色々調べるもわかりません。

新規にアップロードしてもダメだわ、こりゃお手上げ!

当面解決するまでは、下記の様にしていただければ正しく表示されますので、お手間かけますが宜しくお願いします。

 

 

テキストエンコーディングを一時的に「shift-JIS」にして下さい。

バックテスト文字化け

 

こんな風に文字化けします。

ブログはもう8年やってますが、WEB知識に関してはまだまだ初心者の域を脱してません(笑)

アップロード前の「htm」ファイルは文字コードが「UTF-8」でも「shift-JIS」でも正しく表示されるのですが、WPXにアップロードすると「UTF-8」だと文字化けします。

よって文字コードを「バックテスト詳細」ページを参照する時だけ「shift-JIS」にしていただければ正しく表示されます。

ロリポップの時は問題なかったのですが、当面新記事も同様となります。

 

 

Internet Explorerの場合

バックテスト詳細画面で右クリックしコンテキストメニューより「日本語(シフトJIS)」を選択

インターネットエクスプローラーの場合

 

 

Google Chromeの場合

グーグルクロームは、アップデートにより現在標準でテキストエンコーディングがありません。

chromeの拡張機能のプラグインの追加が必要です。

下記ページより簡単に追加出来ます。

Google Chromeテキストエンコーディング

Google Chrome テキストエンコーディング

 
 

バックテスト詳細画面で右クリックしコンテキストメニューより「日本語(Shift JIS)」を選択

Google Chrome テキストエンコーディング2

 

 

他のページに戻る際「自動判別」戻す必要がありますのであしからず!

 

 

wpXレンタルサーバー にしてかなり早くなり自己満足度大だが、PageSpeed Insightsで速度を計測すると大したことね~(笑)

やっぱりワードプレステーマや他の要素も大きいんだな!

 

追伸

力技で1ページずつ修正しました!

 

 

Pocket
LINEで送る