White Bear Z USDJPY 評価・検証・レビュー 安定感抜群の朝スキャル!

Pocket


White Bearのロジックを継承しているが、24時間ではなく、朝スキャルの位置づけとしてWhite Bear Z 

通貨ペアは現在USDJPYとEURJPYが発売されており、今回はWhite Bear Z USDJPYを検証します。

既に発売後8か月経っており、フォワード実績もかなりの物です!

White Bear Z USDJPY 評価・検証・レビュー

 

White Bear Z USDJPYの特徴

White Bearの名を名乗り、大きく違う朝スキャル!

これまでのWhite Bearシリーズは24時間スキャルの部類で、特にボラティリティの大きくなるロンドンタイム、ニューヨークタイムで活発に取引をするイメージでしたが

White Bearシリーズとの最大の違いは、Zシリーズは、トレード時間帯を日本時間の早朝の3時半~8時に限定している点です。

そう朝スキャルなのです。

 

通貨ペアもこれまでのWhite Bearと異なるUSDJPY

通貨ペアもこれまでのWhite BearV1、V2、V3のEURUSDと異なるUSDJPY。

またWhite Bear Zシリーズにはボラティリティの高いEURJPYもあり、これらの通貨ペアで安定的に取引を行う為にトレード時間を限定し朝スキャルとして登場しました。

White Bear Z EURJPYの記事はコチラ

 

しかし取引ロジックは他のシロクマシリーズと同様です。

取引ロジックはシロクマシリーズの基本、長時間足でトレンド判定を行い、長時間長時間足で順張り方向に、短時間足(5分足)で逆張り方向にエントリーするスキャルピングEAです。

リスク低減の為、若干、建値決済の頻度が高くしているとの事です。

 しかし取引ロジックは他のシロクマシリーズと同様です。

 

 

White Bear Z USDJPY 2006年以降9年間のバックテスト結果

強烈プロフィットファクター3.98!

長期間のデータが有るFXDDで今回もバックテストを行ってます。

余程のSCAMブローカでない限り、FXDDのデータで稼動するブローカに応じスプレッドを広めに調整しバックテストをすれば、期待する結果を得られます。

今回はUSDJPYスプレッドが朝でも激狭の0.4Pipsで張り付いていたOANDA Japanでの稼動を想定しすると1Pips以下でも良いでしょうが、条件を厳しく1.5Pipsのスプレッドでバックテストして見ました。

OANDA朝スプレッド

 

 

バックテスト2012年1月1日~2015年4月24日

White Bear Z USDJPYバックテスト2012-201504

バックテスト期間:3年4ヶ月
バックテスト時スプレッド:1.5Pips
プロフィットファクター:3.98
損益合計:1621.96ドル(1万通貨取引)
最大ドローダウン:214.23ドル(1万通貨取引)
総取引回数:498回
平均利益:4.99ドル(1万通貨取引)
平均損失:-8.51ドル(1万通貨取引)
最大利益:9.17ドル(1万通貨取引)
最大損失:-49.97ドル(1万通貨取引)
勝率:87.15%

 

 

バックテスト2009年1月1日~2011年12月31日

White Bear Z USDJPYバックテスト2009-2011

バックテスト期間:3年
バックテスト時スプレッド:1.5Pips
プロフィットファクター:3.80
損益合計:2743.61ドル(1万通貨取引)
最大ドローダウン:285.42ドル(1万通貨取引)
総取引回数:665回
平均利益:6.29ドル(1万通貨取引)
平均損失:-13.43ドル(1万通貨取引)
最大利益:9.18ドル(1万通貨取引)
最大損失:-68.17ドル(1万通貨取引)
勝率:89.02%

 

 

バックテスト2006年1月1日~2008年12月31日

White Bear Z USDJPYバックテスト2006-2008

バックテスト期間:3年
バックテスト時スプレッド:1.5Pips
プロフィットファクター:2.37
損益合計:1314.80ドル(1万通貨取引)
最大ドローダウン:286.07ドル(1万通貨取引)
総取引回数:522回
平均利益:4.93ドル(1万通貨取引)
平均損失:-15.70ドル(1万通貨取引)
最大利益:7.97ドル(1万通貨取引)
最大損失:-64.58ドル(1万通貨取引)
勝率:88.31%

 

 

過去9年以上に渡り異常な安定感!

3年、3年、3年4か月と3つに区切って見てもプロフィットファクターが3.98、3.80、2.37と考えにくい程、長期に渡り安定しており最大ドローダウンも全ての期間において300Pips未満とかなり低ドローダウンです。

2006年からどの期間も安定しているEAはかなり少なく貴重なEAです。
 

White Bear Z USDJPYの運用実績及び評価

White Bear Z USDJPYの運用実績及び評価

上記は2014年8月28日から現在までのフォワード実績ですが、バックテストだけでなく、しっかり実相場にも対応出来ており抜群の結果です。

フォワードでもプロフィットファクター3.79とケチの付け所がありません。

 

上記フォワードテストは1万7千通貨の取引ロットに対し、100万円の資金ですが、実際はレバレッジ25倍で29万円が推奨となってます。

またレバレッジ400倍以上の海外口座で稼動させると10万円ぐらいで稼動出来る為、1年で200%ぐらいになる計算です。

MT4のEAはEURUSDの比率が高く、リスクが偏りがちです。

しかしWhite Bear Zシリーズは、このUSDJPY版とWhite Bear Z EURJPY版がありリスク分散の為にも是非ポートフォリオに組み込んでおきたいEAです。

 

 

 

White Bear Z USDJPYは人気EAの為、どんどん販売価格が上昇中

fx-onさんのEAは面白い販売形態を取っており、売れると高くなるのです。 

0-100本まで   33,000円
101-200本まで 35,000円
201-300本まで  37,500円
301-400本まで  42,500円
401~500本まで 45,000円
501本以降 50,000円

上記の様に価格が上がって行く仕組みとなっており、2015年6月8日現在で238本売れており、販売価格は37,500円となってます。

ちと4万円以上になると手が出しにくくなりますね!

White Bear Z USDJPYの現在の価格及びフォワード実績は下記公式ホームページにてご確認下さい。

USDJPYスキャルピングEA 2013年販売実績No.1のシロクマロジック搭載!
201-300本までキャンペーン価格! White Bear Z USDJPY

 

 

 

 

 

最新情報