「TIRITSUMO_Ver4」GEMFOREXで無料で使えるEAレビュー

Pocket
LINEで送る


久々のEAレビューです。

と言うのも、この間約20以上のEAのバックテスト、検証を行ってきましたが、使いたいと思うのがなかなか出てこない・・・

そんな中、これは使えるかな?ってEAを見つけました。

GEMFOREXで無料で使える「TIRITSUMO_Ver4」!

さてさてどうかな?

「TIRITSUMO_Ver4」GEMFOREXで無料使えるEAレビュー

 

 

「TIRITSUMO_Ver4」の特徴、同一ロジックで多通貨をカバー

トレードスタイル:スキャルピング、デイトレード
通貨ペア:8通貨ペア
     GBPCHF・GBPCAD・GBPAUD・CHFJPY
     GBPNZD・EURAUD・GBPUSD・AUDCAD 
使用時間足:5分足
最大ポジション数:1本 
両建て:なし
口座限定:有り
MM機能:無し
トレード頻度:全通貨ペア合計で1日3~4回程度
最大テイクプロフィット:不明            
最大ストップロス:100Pips
価格:GEMFOREXにて無料で使用可能

 

朝スキャルよりはもう少し早い時間のニューヨーク市場後半、22時台からエントリーを行うスキャルピング、デイトレードEAとなります。

ニューヨーク市場後半の値動きが落ち着いてきた時間帯を、ピンポイントで狙って行きます。

通貨ペアは、特に制限をかけておらず、全て同一ロジックでパラメーターも同じで取引を行います。

この通貨ペア毎のオプティマイズ行わず、多通貨に対応出来る点がポイントで、この手のタイプで複数通貨ペアにリアル相場で通用するならば、値動きの普遍的な部分を捉えたロジックであり、長期に渡り使える物が多いです。

EA作者さんの推奨通貨ペアは8通貨ペアで、相関関係を考慮しているとの事ですが、5通貨ペアがポンド絡みとなっている所が?ですが・・・

最大ポジション数は、他の「TIRITSUMO」シリーズと同様に1通貨に対し1本です。

 

EAパラメータは、凄くシンプルで、MAGICナンバーと取引ロットとストップロス、Maxスプレッドの4つのみ

「TIRITSUMO_Ver4」EAパラメータ

 

 

 

 

「TIRITSUMO_Ver4」8通貨ペアバックテスト結果は、良くない成績のものも有り!

8通貨ペア毎、2005年4月から2019年11月15日までの約14年半のバックテストを行いました。

作者さんのバックテストよりかなり広いスプレッドで行ってます。

具体的にはGEMFOREXの標準スプレッド+1.0Pipsです。

よって当然作者さんのバックテストより結果は悪くなりますが、より実態に近いでしょう!

MT4のヒストリカルデータはFXDDですが、GBPCAD、GBPAUD、GBPNZDはFXDDに無い為、メタクオーツのデータを使用してます。

 

1-AUDCAD

AUDCAD「TIRITSUMO_Ver4」

 

バックテスト時スプレッド:3.5Pips
プロフィットファクター:1.54
損益合計:721,411円(1万通貨取引)
最大ドローダウン:70,700円(1万通貨取引)
総取引回数:3,015回
勝率:70,65%
10年間リスクリターン率:6.9倍

 

 

2-CHFJPY

CHFJPY「TIRITSUMO_Ver4」

 

バックテスト時スプレッド:3.1Pips
プロフィットファクター:1.29
損益合計:470,586円(1万通貨取引)
最大ドローダウン:96,489円(1万通貨取引)
総取引回数:2,948回
勝率:68,39%
10年間リスクリターン率:3.3倍

 

 

3-EURAUD

EURAUD「TIRITSUMO_Ver4」

 

バックテスト時スプレッド:3.3Pips
プロフィットファクター:1.27
損益合計:622,309円(1万通貨取引)
最大ドローダウン:185,792円(1万通貨取引)
総取引回数:3248回
勝率:67,49%
10年間リスクリターン率:2.3倍

 

 

4-GBPAUD

GBPAUD「TIRITSUMO_Ver4」

 

バックテスト時スプレッド:4.2Pips
プロフィットファクター:1.39
損益合計:944,053円(1万通貨取引)
最大ドローダウン:75,816円(1万通貨取引)
総取引回数:2,827回
勝率:70.85%
10年間リスクリターン率:8.5倍

 

 

5-GBPCAD

GBPCAD「TIRITSUMO_Ver4」

 

バックテスト時スプレッド:4.3Pips
プロフィットファクター:2.29
損益合計:1,834,255円(1万通貨取引)
最大ドローダウン:77,158円(1万通貨取引)
総取引回数:2,729回
勝率:73.10%
10年間リスクリターン率:16.2倍

 

 

6-GBPCHF

GBPCHF「TIRITSUMO_Ver4」

 

バックテスト時スプレッド:4.1Pips
プロフィットファクター:1.80
損益合計:1,159,560円(1万通貨取引)
最大ドローダウン:102,026円(1万通貨取引)
総取引回数:2,841回
勝率:72.30%
10年間リスクリターン率:7.7倍

 

 

7-GBPNZD

GBPNZD「TIRITSUMO_Ver4」

 

バックテスト時スプレッド:4.0Pips
プロフィットファクター:1.54
損益合計:1,049,904円(1万通貨取引)
最大ドローダウン:113,082円(1万通貨取引)
総取引回数:2,354回
勝率:72.4%
10年間リスクリターン率:6.3倍

 

 

8-GBPUSD

GBPUSD「TIRITSUMO_Ver4」

 

バックテスト時スプレッド:3.1Pips
プロフィットファクター:1.12
損益合計:256,228円(1万通貨取引)
最大ドローダウン:151,087円(1万通貨取引)
総取引回数:2,749回
勝率:64,79%
10年間リスクリターン率:1.2倍

 

 

 

「TIRITSUMO_Ver4」8通貨ペアバックテスト一覧、まとめ

通貨ペアPF純益
(円)
最大DD
(円)
10年間リスクリターン率(倍)
AUDCAD1.54721,41170,7006.9
CHFJPY1.29470,58696,4893.3
EURAUD1.27622,309185,7922.3
GBPAUD1.39944,05375,8168.5
GBPCAD2.291,834,25577,15816.2
GBPCHF1.801,519,560102,0267.7
GBPNZD1.541,049,904113,0826.3
GBPUSD1.12256,228151,0871.2

 

結構バラバラな成績となりました。

GBPCADはプロフィットファクター2.29、10年間リスクリターン率16.2倍と共に高く素晴らしい成績です。

GBPCHFも良く、GBPAUD、GBPNZDも損益曲線は悪くない。

反面、EURAUD、GBPUSDは相関性と言えども低調な成績で使う価値を見出せません。

CHFJPYもあまり成績良くありませんが、損益曲線は悪くないのと、近年の値動きでは右肩上がり一直線で良いかな?

いずれにしよポンド絡みに集中している感じですが、このGBPAUD、GBPCAD、GBPCHF、GBPNZDは共に、メタトレーダーEAでは希少な通貨ペアで、このEAに限ればポンドに偏っており、バランス悪いですが、他の全てのEAとのポートフォリオ効果で考えた場合はグッドです。

EURAUD、GBPUSDは使わないとして、次に6通貨ペアのバックテストを合成して見ます。

 

 

 

「TIRITSUMO_Ver4」6通貨ペアバックテスト合成結果

「TIRITSUMO_Ver4」6通貨ペアバックテスト損益曲線

「TIRITSUMO_Ver4」6通貨ペアバックテスト
 

バックテスト期間:14年8ヶ月(2005年4月~2019年11月)
プロフィットファクター:1.61
損益合計:6,539,758円(1万通貨取引)
最大ドローダウン:178,367円(1万通貨取引)
総取引回数:16,714回
平均利益:1,444円(1万通貨取引)
平均損失:-2,215円(1万通貨取引)
最大利益:115,958円(1万通貨取引)
最大損失:-17,460円(1万通貨取引)
勝率:71.22%
10年間リスクリターン率:25.0倍

 

 

「TIRITSUMO_Ver4」年別月別成績

「TIRITSUMO_Ver4」年別月別成績

 

画面コピーはドルベースになってますが、円ベースのバックテスト結果の合成なので全て円ベースで見て下さい。

綺麗な右肩上がりの損益曲線でいい感じですね!

プロフィットファクターは決して高くはありませんが、必要十分な1.61

1万通貨取引で平均利益は1,444円ですが、最大利益は115,958円とかなり引っ張ります。

残念な点は、年間ベースで2014年がマイナス損益な点です。

上記合成損益は6通貨ペア、AUDCAD、CHFJPY、GBPAUD、GBPCAD、GBPCHF、GBPNZDですが

ちなみにEURAUD、GBPUSDを加えても同様でした。

EA作者さんのバックテストでは全ての年がプラスですが、EA作者さんよりスプレッドを厳しく広げた結果です。

しかし実態には、こちらのの方が近くなると考えます。

それでも10年間リスクリターン率が25.0倍は優秀であり、取引回数も多く、損益合計が大きい点などはグッドです。

また、GBPAUD、GBPCAD、GBPCHF、GBPNZDなど、希少な通貨ペアでのスキャル、デイトレードであり

現在GEMFOREXで稼動中の「EARLY PHOENIX」「Flex Beggar」は、サーバー時間0時以降から取引を開始するタイプの朝スキャルで、「TIRITSUMO_Ver4」は22時から取引開始するタイプと、少しでも取引時間帯が分散されロジック分散が期待出来るかな!

既にリアル口座で稼動を開始しましたが今の所いい感じです。

 

 

「TIRITSUMO_Ver4」はGEMFOREXにてEAが無料で使用出来ます。

GEMFOREXに関してや、使用方法はコチラのページをご覧になって下さい。

 

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る