PRを含みます。

国内MT4、海外MT4を同一EAで4社取引比較、6月の結果

MT4国内2社、海外2社のリアル口座で同一EAでの取引比較ですが、口座変更して今の4社では9か月目となりました。

6月は結果は、4社とも撃沈!

そんな中どこのブローカーの被害がまだマシだったのか?

 

国内MT4、海外MT4を同一EAで4社取引比較、6月の結果

 

 

MT4リアル口座トレード比較での使用MT4業者は4社!

MT4口座取引比較での使用業者は、国内MT4業者の「OANDA」「楽天FX」の2社、海外MT4業者は「XMTrading」「ThreeTrader」の2社の合計4社です。

口座タイプは、全て手数料無料タイプのMT4口座で以下です。

OANDA Japan 東京サーバー

楽天FX MT4

XMTrading KIWAMI極口座

ThreeTrader Pureスプレッド口座

全てデモ口座でなく、リアル口座です。

使用EA:REY509IS.jr ALLPAIR(古いEAで残念ながらもう売ってません)

    稼働中のEAで口座縛りのないEAはこれしかないので・・・

通貨ペア:AUDCAD、CHFJPY、GBPAUD    

 

 

MT4口座取引比較、6月の結果

AUDCAD

AUDCADは、楽天FXには無いので、OANDA、XMTrading、ThreeTraderでの3社比較となります。

OANDA 東京サーバー

OANDA-AUDCAD

XMTrading KIWAMI極口座

XM-AUDCAD

ThreeTrader Pureスプレッド口座

3-AUDCAD

 

 

MT4業者6月取引回数6月合計損益トータル損益
OANDA
東京サーバー
1回470円-11,800円
XMTrading KIWAMI極口座1回952円-11,064円
ThreeTrader Pureスプレッド口座1回769円-8,370円

 

ここ1年取引回数が激減してるAUDCADですが、6月も取引はたった1回でした。

それでもマイナスを若干減らし、6月4日の取引で1番多くの利益をゲットしたのは、XMTradingでした。

トータルでは依然ThreeTraderがトップとなってます。

トップとは言っても全てのブローカーがマイナスではありますが・・・

 

 

CHFJPY

CHFJPYは、4社全てでの対決となります。

OANDA 東京サーバー

OANDA-CHFJPY

 

楽天FX

楽天-CHFJPY

 

XMTrading KIWAMI極口座

XM-CHFJPY

 

ThreeTrader Pureスプレッド口座

3-CHFJPY

 
MT4業者6月取引回数6月合計損益トータル損益
OANDA
東京サーバー
5回-3,060円14,274円
楽天FX3回-5,340円33,682円
XMTrading
KIWAMI極口座
6回-6,820円27,430円
ThreeTrader Pureスプレッド口座

4

-3,520円24,690円

 

CHFJPYの6月は値動きが荒く、取引回数が少なくかつブローカーにより3~6回とまちまちな結果となりました。

しかも4社ともマイナスの撃沈!

こうなるとババ抜きみたいな感じで、たまたま大きなマイナスの取引にエントリーしなかっただけで大きく結果が異なります。

そんな中、参考程度ですが、一番損失が少なかったのがOANDA Japanで珍しくトップでした。

取引回数6回と、しっかりエントリー出来てるXMTradingが最下位で、6月に限って言うと参考にならない結果ですね。

とは言え長い取引期間で見ると平均化されるため、トータル損益は有効な判断材料になると考えます。

トータル損益では、依然楽天FXがトップ、2位はXMTradingとなってます。

 

 

GBPAUD

GBPAUDは、まだ0.05ロットずつの取引の為、OANDA以外の3社での対決となります。

楽天FX

楽天-GBPAUD

 

XMTrading KIWAMI極口座

XM-GBPAUD

 

ThreeTrader Pureスプレッド口座

3-GBPAUD

 
MT4業者6月取引回数6月合計損益トータル損益
楽天FX1回440円4,164円
XMTrading
KIWAMI極口座
1回260円-12,466円
ThreeTrader Pureスプレッド口座2回457円-7,854円

 

6月のGBPAUDは、こちらも取引回数が少なく退屈な1ヶ月でした。

トップは唯一2回取引があったThreeTraderで、2位は楽天FX

トータル損益では依然、楽天FXのみがプラスで推移してます。

 

6月は以上の結果となりました。

 

 

MT4各社公式ホームページ

楽天証券【楽天FX】 

安心安全な国内MT4業者です。朝スプレッドはOANDAより狭めです。

通貨ペアが少ないのがネックですが、朝スキャルは最強の部類です。

 

OANDA Japan

安心安全な国内MT4業者です。日中スプレッドは最狭水準です。

最低取引数量が1万通貨なので、EAのテスト稼働がしずらく2口座目以降ならおすすめです。

 

XMTrading

海外MT4業者です。海外業者の中では信頼性はトップクラスです。

KIWAMI極口座はスプレッドも狭く、スワップレスが特徴です。

XMTrading KIWAMI極口座を使ってみてのメリット、デメリット、評判まとめ

 

ThreeTrader

海外MT4業者です。スプレッドが国内MT4を含めても最狭水準です。

ただ設立が2021年5月と短く信頼性は未知数ですが、出金拒否等悪い噂はありません。

他口座間の両建ても許可しており、取引に関して禁止事項が殆どありません。

 

ここまでのトレード比較記事はコチラ