VPSでMT4を使うなら必須!必ず行う自動ログオン設定及びMT4自動起動設定

Pocket


MT4を稼動するVPSですが、管理会社側での障害による再起動や緊急メンテナンスによる再起動があった場合、もしEAがポジションを持ったままならどうなるでしょうか?

それは恐ろしい、目をつぶってポジションを取り、放置しておくことと同じです。

これが知らぬ間に恐ろしい損失に・・・

VPSでMT4を使うなら必須!必ず行う自動ログオン設定及びMT4自動起動設定

そうならないようにしっかり設定しておきましょう。

通常Windows仮想デスクトップ(VPS)は再起動した場合、リモートデスクトップでログオンするまで、ログオンされない状態です。よって障害などで強制的に再起動された場合に、再起動後はWindows仮想デスクトップ(VPS)のアプリケーションは停止したままです。

よってEAがポジションを持ったままだと、恐ろしい、決済されないまま運任せに・・・

しかもログオンしてもMT4もそのままでは勝手に起動してくれません。

よって再起動した場合、自動でログオンし、自動でMT4が起動するように設定しておく必要があります。

 

 

VPS再起動時の自動ログオン設定

マイクロソフトより「Autologon.exe」と言うプログラムが配布されているので、これを使えば簡単です。

下記マイクロソフトホームページからダウンロード出来ます。
http://technet.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/bb963905.aspx

Autologon for Windows

 

 

 

 

 

 

 

 

「Autologon.exe」をVPSのデスクトップに貼り付けダブルクリックすると
「 Autologon-Sysinternals」が開きます。

Autologon-Sysinternals

 

 

 

 

 

UsernameとDomainは自動で入力されているはずなのでPasswordを入力し「Enable」をクリックし次のメッセージをOKして下さい。

これだけで次回再起動時に自動でログオンされるようになります。

 

 

 

メタトレーダー(MT4)自動起動設定

VPS再起動された場合に、ウィンドウズが自動でログオンされてもMT4が起動してくれなければ、ポジションが放置されたままになります。

よってVPSが再起動された場合に自動でMT4が起動する設定を行います。

 

「start.cmd」を下記よりダウンロードして下さい。

 

 

 

「start.cmd」をVPSのディスクトップに貼り付けて下さい。

「START.CMD」をVPSのディスクトップに貼り付けて下さい。

 

 

 

「START.CMD」を編集します。

「start.cmd」を右クリックし「編集」を選択します。

「start.cmd」を右クリックし「編集」を選択します。

赤枠の部分2行でMT4、1枚を起動させます。

緑枠の部分が起動するMT4のexeとなります。

1.動作としましてはVPS起動後「ping localhost -n 30」が一旦30秒待つ

2.「start “7” “C:\Program Files (x86)\FXDD Malta – MetaTrader 4-1\terminal.exe”」のプログラムを起動する

3.「ping localhost -n 10」が10秒待つで、これらが繰り返し複数のMT4を立ち上げます。

 

やることは緑枠の「C:\Program Files (x86)\MT4 Gaitame Finest Company Limited-3\terminal.exe」を各FX会社のパスに置き換えます。

パスはMT4起動アイコンを右クリックのプロパティで下記赤枠部分をコピー貼り付けすればOKです。

パスはMT4起動アイコンを右クリックのプロパティで下記赤枠部分をコピー貼り付けすればOKです。

 ちなみにスペースや「””」の数を間違わないようにして下さい。

上記は9つのMT4を立ち上げる場合です。必要に応じて赤枠が1組で増減して下さい。

 

 

 

「START.CMD」をスタートアップに登録する

まず「start.cmd」を右クリック⇒「送る」⇒「デスクトップ(ショートカットを作成)」をクリックします。

そうすると「start.cmd – ショートカット」がデスクトップに出来るので、これをスタートアップに登録します。

まず「start.cmd」を右クリック⇒「送る」⇒「デスクトップ(ショートカットを作成)」をクリックします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Windows Server 2012の場合

マイクロソフトは、なんでこんな仕様にしたのだろうか・・・

視覚的に簡単に出来なくなりました・・・

「C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup」

上記場所に「start.cmd – ショートカット」を貼り付けてもらいます。

「ユーザー名」には自信のアカウント名が入ります。

Windows Server 2012の場合

 エクスプローラーで辿っていく場合は、「隠しファイル」にチェックを入れないと見えません。

 

 

Windows Server 2008の場合

「スタート」⇒「すべてのプログラム」⇒「スタートアップ」に入れてください。

 

最後に全てのMT4を終了し、再起動して5分後ぐらいにVPSにログインして、指定したMT4が全て自動で立ち上がっていればOKです。

 

 

 

 

めたろうはVPSをこれまで4社使いABLENET(エイブルネット)お名前.com デスクトップクラウドがお気に入りです。

 

ABLENET(エイブルネット)なら月額料金メモリ1G契約で¥1981/月と格安です。
年払いなら¥1600/月から
初期使用メモリも少なく、安定性も問題なし

関連記事「ABLENET Windows仮想デスクトップに申込んでみました。

 

初めてのVPSはお名前.com デスクトップクラウドをオススメします。
24時間電話サポートが有り初心者にピッタリ!
安定性ピカイチ、何故か契約メモリオーバーしても使えてしまいます。
メモリ1G契約で¥2400/月、年払いなら¥2160/月です。

関連記事「MT4用VPS4台目にお名前.com デスクトップクラウドのアメリカサーバーを申し込んで見ました。

お名前.com【デスクトップクラウド】

 

 

 

 

 

最新情報