Windows仮想デスクトップVPSで最初に必ずやっておくWindowsの設定

Pocket


Windows仮想デスクトップを申込みすると、いつもあれ何するんだっけな?
なんていつも忘れているので、備忘録としてまとめて見ました。

必ずやっておきたい設定からオススメの設定までまとめてます。

今回は初のWindowsServer2012R2で申し込んで見ました。2008R2は何度も設定しているけど同じ感覚で行けるのかな?

Windows仮想デスクトップの初めての使い方及び必ずやっておく設定

 

Windows仮想デスクトップにリモートデスクトップ接続をする。

ABLENET Windows仮想デスクトップの申込み方法」で申込みを行うと20~30分でVPSが使えるようになり、IPアドレス、ユーザー名、パスワードがメールにて送付されます。

すべてのプログラムの「アクセサリ」の「リモートデスクトップ接続」をクリックすると下記画面が開きます。

リモートデスクトップ1

 ここで「オプション」をクリックします。

 

リモートデスクトップ2

 送られてきたログイン情報より、コンピュータ、ユーザー名を入力し接続をクリックします。

 

リモートデスクトップ3

これでVPSにログイン出来ます。

 

WindowsServer2012R2

 WindowsServer2012R2はWindows8と同じ画面となります。なれない画面です・・・

 

 

 

パフォーマンスの設定を変更します。

パフォーマンスの設定を変更します

MT4を動かすのに視覚的に良く見える必要はありません。少しでも贅肉を落とす為の変更となります。 

システムのプロパティの「詳細設定」のタブの「パフォーマンス」の設定より「パフォーマンスを優先する」に変更します。

しかしこの設定2008R2では結構変わるのですが、2012R2なのかABLENETなのかデフォルトでも殆どチェックがついていませんでした。従いましてABLENETの2012R2に関しては効果は低いです。

 

 

 

仮想メモリを変更する

1GでVPSを契約した場合、MT4を10以上稼動させると契約メモリを突発的にオーバーする事があります。

VPS業者にもよりますが、オーバーした場合、フリーズの様な状態になり、VPSのコントロールパネルより再起動しないとログオン出来ない業者もあります(お名前.comは契約メモリをオーバーしても結構そのまま動作します。ちなみにお名前.comはVPS上のタスクマネージャの使用メモリはオーバーする事はなく正確でないようです。VPSのコントロールパネルで表示されるメモリが本当の使用率で、そちらを確認して欲しいとの事ですが、契約メモリをオーバーしてもお構いなしに動作します)

よって物理メモリをオーバーしても仮想メモリを増やしておくと止まりにくくなります。(お名前.comでは止まった事はありません)

システム

「コントロールパネル」より「システム」を開き、「システムの詳細設定」を開きます。(2008R2も同様です)

 

システムのプロパティ

「システムのプロパティ」の「詳細設定」の「設定」の「詳細設定」タブの「変更」をクリックします。 

 

仮想メモリ

デフォルトでは初期サイズ、最大共に小さく設定されてます。物理メモリが4G以上あれば、仮想メモリは少ない、もしくは無しの方が動作が速くなりますが、VPSはメモリに比例してコストが高くなりますので有効に使いましょう。

推奨サイズを基準に下記の様に設定します。

 

仮想メモリ変更後

初期サイズを推奨サイズの「1024MB」最大サイズを3倍の「3072MB」に設定しました。

 

 

 

Administratorのアカウント名はセキュリティ上変更しておくべき

デフォルトのアカウント名のままではセキュリティ観点上良くない。Administratorアカウントは攻撃のターゲットにされやすいので 変更しておこう。

「お名前.comデスクトップクラウドは初期状態で変更済みです。」

ローカル セキュリティ ポリシー

マイクロソフトも上辺だけ変えて中身は何も変わってませんね!
2008も2012も一緒です。

「コントロールパネル」の「管理ツール(小さいアイコンに変更)」の「ローカル セキュリティ ポリシー」の「ローカルポリシー」の「セキュリティ オプション」の「アカウント:Administrator アカウント名の変更」を開きます。

Administratorアカウント名変更

この画面でアカウント名を変更します。セキュリティ上12文字以上が良いでしょう。
注意:ここでアカウント名を変更すると、次回ログオンは新アカウント名でしかログオン出来ません。忘れないようにして下さい。

 

 

 

セキュリティ上パスワードも変更しておこう

「コントロールパネル」の「ユーザーアカウント」の「ユーザーアカウント」の画面で「別のアカウントの管理」を選択します。

「変更するユーザーを選んでください」の画面で先程名前を変更したユーザーを選択すると「パスワードの変更」が選択出来ますのでクリックします。

現在のパスワードを入力し、新パスワードを入力します。
パスワードは12文字以上で英数大文字小文字が組み合わされた物をオススメします。

当然こちらのパスワードも次回ログイン時に必要となりますのでお忘れないように・・・ 

 

 

 MT4口座比較記事はコチラ

メタトレーダースプレッド比較 MT4最強口座はコレ!

 

少ない資金で運用するならハイレバの海外口座がおススメです。
MY FX MarketsのEURUSDのスプレッドは意外に広い?
Axiory(アキシオリー)とLand-FXも続けて口座開設します。

 

 VPS関連記事はコチラ

MT4が使えるVPS、Windowsデスクトップクラウド比較表

ABLENET Windows仮想デスクトップに申込んでみました。

MT4用VPS4台目にお名前.com デスクトップクラウドのアメリカサーバーを申し込んで見ました。 

 

 

 

最新情報