「RECOBA Triple Swing M5」レビュー 既に2年間の実績有り!

朝スキャルではなく、EURUSD、USDJPYを使わないEAを物色してたら見つけました!

「RECOBA Triple Swing M5」!

既にEA発売後2年間経過しており、フォワード実績も順調です。

早速EAを入手し、評価、検証を行いました。

コイツは期待出来そうかな?

RECOBA Triple Swing M5

 

 

「RECOBA Triple Swing M5」の特徴、朝にエントリするが朝スキャルではなく、スイング、デイトレEA!

トレードスタイル:スイングトレード・デイトレード
通貨ペア:AUD/JPY、EUR/JPY、GBP/JPY 
使用時間足:5分足
最大ポジション数:1本
両建て:なし
口座限定:あり(後からの口座変更は何度でも可能)
MM機能:あり
トレード頻度:各通貨ペア2回/週 程度
最大テイクプロフィット:120Pips
最大ストップロス:100Pips
価格:30,000円(税込)

EA詳細はコチラ→RECOBA Triple Swing M5 公式ページ

 

「RECOBA Triple Swing M5」は、MT4時間0~2時にエントリーするスイング・デイトレEAです。

日本時間の朝にエントリーはしますが、朝スキャルではありません。

エントリー後、思惑通りに動けば利益を追求し、読み違えたと判断した場合は出来る限り小さく損切を行います。

最大テイクプロフィットは120Pipsに対し、ストップロスは100Pipsと利確の方が大きく取られてます。

とはいえ殆どは内部ロジックにて決済されます。

朝スキャルは、勝率重視のコツコツドッカンタイプが多いのに対し、後のバックテスト結果をご覧になっていただいてもわかる通り、コツコツドッカンはかなり抑えられてます。

通貨ペアは、AUDJPY、EURJPY、GBPJPYの3通貨ペアに対応しております。

この3通貨ペアでスイング、デイトレ系のEAは手持ちにはなく、通貨ペア分散、ロジック分散の観点からもポートフォリオ効果が期待出来ます。

また、通貨ペア制限はかかってませんので、これ以外の通貨ペアでも使用可能で、お宝通貨ペアも発見出来るかもです!

 

EAパラメータは下記となってます。

設定項目は少なくシンプルなものとなってます。

RECOBA EAパラメータ

 

次のバックテストでは、「FridayClose」は「true」にて実施してます。

仮に週末クローズしない方がバックテスト結果の良いEAであっても、めたろうはどのEAも基本的には週末はクローズする設定で使ってます。

数Pips~数十Pips取りに行く為に、週末ポジションを保有するのは、リスク的に割に合わないなとの考えです。

500~1000Pips以上取りに行く「QuickShift」なら別なんですが!

因みに「QuickShift」はもう使えませんので・・・

 

 

「RECOBA Triple Swing M5」バックテスト結果、スイング、デイトレ系EAで、こんなに綺麗な損益曲線は見た事ないかも?

AUDJPY

RECOBA-BT AUDJPY

 

バックテスト期間:15年2ヶ月
バックテスト時スプレッド:1.1Pips
プロフィットファクター:1.49
損益合計:8613.44ドル(1万通貨取引)
最大ドローダウン:575.73ドル(1万通貨取引)
総取引回数:1519回
平均利益:28.87ドル(1万通貨取引)
平均損失:-28.16ドル(1万通貨取引)
最大利益:110.11ドル(1万通貨取引)
最大損失:-92.58ドル(1万通貨取引)
勝率:59.32%
10年間リスクリターン率:9.8倍

 

EURJPY

RECOBA-BT EURJPY

 

バックテスト期間:15年2ヶ月
バックテスト時スプレッド:1.0Pips
プロフィットファクター:1.75
損益合計:9998.61ドル(1万通貨取引)
最大ドローダウン:442.30ドル(1万通貨取引)
総取引回数:1464回
平均利益:24.94ドル(1万通貨取引)
平均損失:-25.27ドル(1万通貨取引)
最大利益:110.19ドル(1万通貨取引)
最大損失:-91.73ドル(1万通貨取引)
勝率:63.93%
10年間リスクリターン率:14.9倍

 

GBPJPY

RECOBA-BT-GBPJPY1

 

 

バックテスト期間:15年2ヶ月
バックテスト時スプレッド:1.4Pips
プロフィットファクター:1.63
損益合計:10058.30ドル(1万通貨取引)
最大ドローダウン:603.27ドル(1万通貨取引)
総取引回数:1497回
平均利益:24.99ドル(1万通貨取引)
平均損失:-35.65ドル(1万通貨取引)
最大利益:110.06ドル(1万通貨取引)
最大損失:-91.73ドル(1万通貨取引)
勝率:69.87%
10年間リスクリターン率:10.9倍

 

バックテスト時のスプレッドは、OANDA Japanの日中のアベレージに、プラス0.5Pipsで実施しました。

まずは、スキャルピングならこういう綺麗な右肩上がりの損益曲線はありますが、乱れがちなスイング、デイトレ系のEAで、ここまで綺麗な損益曲線は珍しいですね、見た目はバッチリです。

スキャルピングロジックとは異なり、平均利益が24~28ドル(1万通貨取引)と高く、それに対し平均損失は25~35ドル(1万通貨取引)と平均利益と同等ぐらいなのが好感が持てます。

同様に最大損失より最大利益の方が大きな点も良し!

プロフィットファクターはAUDJPYが1.49、EURJPYが1.75、GBPJPYが1.63と高くはないですが自然な数値です。

10年間リスクリターン率も、単一通貨ペアで、9.8~14.9倍とまずますではないでしょうか!

 

EA詳細はコチラ→RECOBA Triple Swing M5 公式ページ

 

 

「RECOBA Triple Swing M5」3通貨ペア合成バックテスト結果も良好!

「RECOBA Triple Swing M5」3通貨ペア合成バックテスト

 

バックテスト期間:15年2ヶ月
プロフィットファクター:1.61
損益合計:28670.53ドル(1万通貨取引)
最大ドローダウン:1031.86ドル(1万通貨取引)
総取引回数:4480回
平均利益:26.28ドル(1万通貨取引)
平均損失:-29.14ドル(1万通貨取引)
最大利益:110.19ドル(1万通貨取引)
最大損失:-92.58ドル(1万通貨取引)
勝率:64.13%
10年間リスクリターン率:18.3倍

 

単一通貨ペアで見ても大きな落ち込みがないので、3通貨ペア合成したら、更に良いの当たり前か!

本当に綺麗な右肩上がりです。

特に平均利益に対し平均損失、最大利益に対し最大損失のバランスが良い!

結果を見る限り、あまりケチの付け所はありませんが、最大ポジション1本なので、もう少し最大ドローダウンが低ければ更に良いかなってところでしょうか!

 

 

年別、月別損益もマイナス年無しで、EA発売後の2019年4月以降も好調!

年別、月別損益もマイナス年無し

 

クリアしたい、年間でのマイナス年はありません。

過去はもちろんですが、一番大事なEA発売後の2019年4月以降もしっかりと成績を残してます。

2019年、2020年とカーブフィッティング出来ない期間も過去と比べても遜色無しです。

下記は2019年3月24日からの公式フォワードで現在までの損益を確認出来ます。

現状2年間しっかりプラスで推移しており、また通貨ペア面、ロジック面よりポートフォリオ効果も期待したいです。

 

EA詳細はコチラ→RECOBA Triple Swing M5 公式ページ