「Scal_USDJPY」レビュー なんじゃこりゃ!

Pocket
LINEで送る


高精度スキャルピングEA「Scal_USDJPY」を遅かれながら購入したので評価・検証しました。

バックテスト、フォワード共に脅威的!

なんじゃこりゃ!

「Scal_USDJPY」レビュー なんじゃこりゃ!

 

 

「Scal_USDJPY」の特徴

トレードスタイル:スキャルピング
通貨ペア:USDJPY 
使用時間足:5分足
最大ポジション数:2本 
両建て:なし
口座限定:あり(後からの変更は何度でも可能)
MM機能:あり
トレード頻度:週2回程度
最大テイクプロフィット:10Pips
最大ストップロス:200Pips(変更可能)
価格:\14,500(税込)

Scal_USDJPY 公式ページ

Scal_USDJPY     | fx-on.com

ドル円専用24時間稼働型スキャルピングEAとなります。

このEAの特徴は、EAパラメータのSLやTP値を適当に変えても、かなり良いプロフィットファクター値を出してくれるところです。

デフォルトのSLは200ですが、SL値を50~200で変更してもプロフィットファクターは1.8~7.0の範囲に収まるとの事で、基本ロジックの良さを感じます。

よってゴリゴリにカーブフィッティングする必要すらなく、その可能性は低いでしょう。

また、デフォルトのパラメータでは若干取引回数が少なめですが、3つのboost値を変更することにより取引回数を増やす事も可能

取引回数を増やしても高プロフィットファクターなのが凄い!

トレーリング機能も搭載している為、TPを増やして大きく取りに行くことも可能です。

 

 

「Scal_USDJPY」パラメータ(設定出来る項目)

「Scal_USDJPY」パラメータ(設定出来る項目)

 

上記がScal_USDJPYのパラメータでデフォルト値です。

boost1、boost2、boost3でトレード頻度を変更出来ます。

また、TP、SL、トレーリングストップに関する設定の変更が可能です。

「US_Shitsugyou_filter」は、デフォルトの「true」で毎月の米国失業率発表時のエントリー制御、ポジションの整理を行ってくれ凄く便利な機能です。

また、任意に設定出来る指標フィルタも装備してます。

「Friday_Close」は週末指定時間にエントリーの制御、ポジションの整理を行ってくれる機能です。

 

 

「Scal_USDJPY」バックテスト結果

今回リスク分散も兼ね、2パターンで外為ファイネストリアル口座で稼働開始しました。

現状fx-onで販売されているEAは、同一口座であれば1つ購入すれば設定違いで複数パターンでの稼働が可能です。

よってパラメータを異なる値で取引ロットを分散する事で、少しでもリスク分散する事が可能となります。

その際、パラメータの多少の違いでは、その2つで同時エントリー、同時決済が生じる事も有り、1つのMT4でそれらを同時に処理は出来ない為、MT4は2つに分けて稼働します。(マジックナンバーは必ず異なる値にする事)

下記はその設定値でのバックテスト結果です。

 

「Scal_USDJPY」バックテスト結果その1

「Scal_USDJPY」バックテスト結果その1

 
バックテスト期間:13年2ヶ月
バックテスト時スプレッド:1.0Pips
プロフィットファクター:4.02
損益合計:6929.59ドル(1万通貨取引)
最大ドローダウン:341.05ドル(1万通貨取引)
総取引回数:1280回
平均利益:7.50ドル(1万通貨取引)
平均損失:-45.97ドル(1万通貨取引)
最大利益:14.72ドル(1万通貨取引)
最大損失:-196.29ドル(1万通貨取引)
勝率:96.09%

 

「Scal_USDJPY」バックテスト結果その1のEAパラメータは「Friday_Close」のみ「true」で他はデフォルト値です。

Scal_USDJPY 公式ページの様にプロフィットファクター6.75とは行きませんが

それでも4.02と驚異的です。

13年間のリスクリターン率(累積損益÷最大ドローダウン)も20倍を超えており、かなり優秀です。

 

「Scal_USDJPY」バックテスト結果その1 年別月別損益

「Scal_USDJPY」バックテスト結果その1 年別月別損益

 

2005年より13年間、年間ベースでの負け無し

何よりカーブフィッティング出来ないEA発売後の2017年6月以降の成績も、全く衰えてないのが良いです。

しかしデフォルト設定では取引精度は高いが、取引回数が少なくつまんないんですよね!

 

「Scal_USDJPY」バックテスト結果その2

「Scal_USDJPY」バックテスト結果その2

 
バックテスト期間:13年2ヶ月
バックテスト時スプレッド:1.0Pips
プロフィットファクター:2.37
損益合計:9845.82ドル(1万通貨取引)
最大ドローダウン:502.86ドル(1万通貨取引)
総取引回数:2482回
平均利益:7.22ドル(1万通貨取引)
平均損失:-59.45ドル(1万通貨取引)
最大利益:14.63ドル(1万通貨取引)
最大損失:-210.12ドル(1万通貨取引)
勝率:95.12%

 

そこでboostをON

設定値はEAを作成されている、ねこ博士の最適化されたboost1=6、boost2=-4、boost3=-2

プロフィットファクターは下がったが、それでも2.37

損益合計は1.5倍の9845ドル、取引回数も倍の2482回

結構楽しそうな感じになりました。

 

「Scal_USDJPY」バックテスト結果その2 年別月別損益

「Scal_USDJPY」バックテスト結果その2 年別月別損益

 

こちらも13年間全て年間プラスで推移

ちなみにboostはOFFで、TP10~160、SL50~200の範囲で最適化を行って見ましたが、TP10、SL50が最低値でプロフィットファクター2.17と2を下回る事はありませんでした。

また、上記の範囲ではデフォルトのTP10、SL200が最も良い結果でした。

その1:その2=2:1のロット割合で使って見たいと思います。

 

Scal_USDJPY 公式ページはコチラ Scal_USDJPY     | fx-on.com

 

【様々なTP値・LC値で高PFとなる高勝率スキャルEA】
Scal_USDJPY
Scal_USDJPY     | fx-on.com

 

 

Pocket
LINEで送る


最新情報