OANDA Japan最強MT4ベーシックコースで自動売買が出来なくなるなんて!

なんてこった! OANDA Japanがスプレッド最狭MT4ベーシックコースで自動売買が使用出来なくなりEAは使えなくなります。

OANDA Japanと言えば1000通貨単位から取引でき、原則固定の最強スプレッドのベーシックコースが最良だったのに、代わりに用意された東京サーバーは何ともまあ・・・

2016年最大のガッカリだわ!

間違いも有り若干記事を更新しました。

OANDA Japan改悪!

 

 

OANDA Japan MT4ベーシックコースが10月31日で自動売買が出来なくなります。

よってEAは使えなくなるのです。

OANDA Japan MT4ベーシックコースと言えば、ドル円0.4銭、ユーロドル0.5Pips原則固定で1000通貨から取引出来、MT4最強口座の一つであり、シビアなEAは外為ファイネストOANDA Japanか、どちらで動かそうか悩ましいMT4口座でした。

両建て出来ないのが最大のネックでしたが、めたろうも3口座使用してたってのに、プロコースも東京サーバーも、もう一つなんですよね~

ちなみにスプレッド、約定力にシビアな下記5つのEAを稼動させてました。

White Bear Z USDJPY

YellowBicycleScalper for USDJPY v1

MB-TradingSystem

White Bear V1EX

MILLION DOLLAR PIPS(まだ使ってますよ~)

OANDA Japanベーシックコース良かったのに本当に残念です。 

 

 

OANDA Japan MT4各コース比較  

 OANDA Japan
ベーシックコース
(EA使用不可予定)
OANDA Japan
プロコース
OANDA Japan FX
東京サーバー
EURUSDスプレッド0.5Pips原則固定0.8Pips原則固定0.4~0.6Pips
USDJPYスプレッド0.4銭原則固定0.8銭原則固定0.4~0.8銭
最低取引単位1000通貨1000通貨10000通貨
両建可否可能
(これまでは不可)
可能可能
基準時間(GMT)冬GMT+2
夏GMT+3
冬GMT+2
夏GMT+3
冬GMT+2
夏GMT+3
サーバー設置場所米国米国日本国内

 

ベーシックコースと比較しプロコースはスプレッドが広くなり、東京サーバーはスプレッドは若干だけ広がる程度で相変わらず優位性が高いのですが、最低取引単位が10000通貨となるのがネックです。

唯一良くなったのは両建て出来る事かな?

前から疑問だったのですが、何でプロコースは名前もプロコースなのにベーシックコースよりスプレッドが広いのでしょうか?

普通プロコースだったらスプレッド狭くするだろう! 

 

 

 OANDA Japan東京サーバーと他社の比較

取引条件の良い国内MT4ブローカは他に外為ファイネストFXTF MT4がありますが、OANDA Japanの優位性がなくなりました。

下記が比較です。

 外為ファイネストFXTF(1000通貨コース)OANDA Japan プロコースOANDA Japan FX
東京サーバー
EURUSDスプレッド0.4~1.0Pips0.8Pips0.8Pips0.4~0.6Pips
USDJPYスプレッド0.4~1.0銭0.3銭0.8銭0.4~0.8銭
通貨ペア数28通貨ペア31通貨ペア71通貨ペア25通貨ペア
最低取引単位1000通貨1000通貨1000通貨10000通貨
1注文の最大発注数量1000万通貨20万通貨300万通貨100万通貨
手数料無料無料無料無料
両建可否可能可能可能可能
基準時間(GMT)冬GMT+9
夏GMT+9
冬GMT+2
夏GMT+3
冬GMT+2
夏GMT+3
冬GMT+2
夏GMT+3
レバレッジ25倍25倍25倍25倍
サーバー設置場所日本国内日本国内米国日本国内

 

それぞれ弱点もあり悩ましい選択となります。

下記がそれぞれの利点と弱点です。

 

 

国内MT4ブローカー利点と弱点

外為ファイネスト

利点:スプレッドは最高レベルで主要通貨以外もスプレッドは狭い

弱点:GMT+9がネックだったのが解消しました。

 

FXTF

利点:ドル円を含むクロス円スプレッドは最高レベル、特にドル円は抜きんでている。

弱点:ストップレベルが50ポイントの為、近くに指値注文を出すEAは使えない。ドル円、クロス円、ユードル以外のスプレッドは広め。

 

OANDA Japanプロコース

利点:スプレッドが原則固定で朝スキャルでは使えるか?

弱点:もはやスプレッドに優位性がない

 

OANDA Japan東京サーバー

利点:スプレッドは最高レベル

弱点:最低取引単位が10000通貨からがネック

 

1000通貨単位での取引では外為ファイネスト、ドル円はFXTF、10000通貨単位取引ならOANDA東京サーバーでしょうか!

これら利点、弱点とEAの特性を考慮して、適材適所で使って行きましょう。

まずは低ロットで試運転し、各EAホームページ等のフォワード実績と比べてどうなのかが判断材料となります。

詳しくは下記ブローカのホームページもご覧になって下さい。

OANDA Japan

外為ファイネスト

FXTF MT4